私たち産経広告社は、フジサンケイグループの総合広告会社として、さまざまなクライアント企業様へさまざまなコミュニケーションのカタチをご提案してきました。

 クライアント企業様の思い描く未来を、またあるべき姿を、ともに考え、ともに歩み成長していく。

それが、私たち産経広告社の使命です。そして、クライアント企業様の思い描くビジョンをカタチにし、ビジネスを成功へと導くお手伝いをするために、創業から 70年以上の実績の中で培った強みと、 フジサンケイグループとしての強みを合わせて最大化し、クライアント企業様の課題解決に向けて万全の体制を構築しています。

 ヒト、モノ、情報が行きかうダイナミックな社会の中で価値あるより多くの大切なことを「つなぎ」、「結びつけ」、そして「絆をつくる」ことを目指して、さらなるコミュニケーションをデザイン(価値創造)するチャレンジを続けていきたいと考えています。


<事業領域>

PROMOTION  プロモーション

 市場および商品サービスを幅広い視点で、情報収集・分析を行い、市場や消費者ならびに取引企業が求めているものを知り、アンケート実施や、市場調査、公的機関の統計データのから導き出した法則から効果的なコミュニケーション戦略を立案します。


CREATIVE  クリエイティブ

 マーケティング戦略を消費者へ伝える大切な要素がクリエイティブ。クライアント企業様および商品・サービスの強み・付加価値、生活者や取引企業のニーズや過去の経験値などを分析し、円滑なコミュニケーション創出する効果的なクリエイティブを提案いたします。各メディアにフィットする表現開発、商品企画やキャラクター開発、WEB コンテンツやソーシャルメディアを軸にしたキャンペーン構築など、従来の枠にとらわれない発想で、伝えたいターゲットその一人に刺さるクリエイティブアイデアを創出します。


DIGITAL COMMUNICATION  デジタルコミュニケーション

 現代社会において、Web に触れない日はありません。LINE、Facebook、Twitterビジネスメールなどのデジタルツールを用いて、ビジネスもでもプライベートでも常に誰かと繋がっています。また、クライアント企業様と消費者と生活者や取引企業を結びつけるデジタルコミュニケーションは、技術のトレンドによって、変化し続けています。サイトの行動データ、実施した顧客アンケートなどのデータと、外部データを適切に組み合わせて、生活者や取引企業を的確に把握し、時代に即したデジタルコミュニケーションを戦略立案いたします。


MARKETING  マーケティング

 市場および商品サービスを幅広い視点で、情報収集・分析を行い、市場や消費者ならびに取引企業が求めているものを知り、アンケート実施や、市場調査、公的機関の統計データのから導き出した法則から効果的なコミュニケーション戦略を立案します。


<コミュニケーション・デザイン創出へ>

 産経広告社は、様々な分野での豊富な経験やリサーチから、生活者のことを深く理解している広告会社です。

 価値観の多様化、メディアの多様化、急速なスマートデバイスの普及による購買導線の多様化によって、クライアント企業様が抱える課題は日々複雑化し、昨日までの方法論では解決できない難題が山積するようになりました。

 産経広告社の強みは、独自の生活者分析・生活者発想に基づいて、その課題に本当に必要な戦略から、本当に効果のある戦術までを、ワンチーム・ワンストップで提供できること。クライアント企業様にとって、新たな未来を共創する永続的な事業パートナーとなるべく、各種システムやナレッジ、専門スタッフを、常に最適な組み合わせで統合化し、課題ごとのベストソリューションをご提案いたします。

<事業紹介>

 私たちは、よりよいコミュニケーションをデザインし、ヒト、モノ、社会を動かしていきます。さまざまなプロモーション手法を組み合わせてクライアント企業様のマーケティング課題を解決するために全力でサポートいたします。

 マーケティングリサーチ~コミュニケーション戦略をクライアント企業様のビジネス環境に合わせてデザインいたします。

<事業フロー>

 さまざまなソースから得られるデータを基に、最適なマーケティングプロセスやPDCA サイクルの設計などを駆使し、クライアント企業様のコミュニケーション戦略課題を解決に導きます。

■PLAN


①事業環境分析

②課題設定 

 課題・問題点の洗い出し

③戦略設計 

 目標設定 売上目標・獲得件数 CPA

 ・予算設定

④企画提案

 施策内容の検討

 期間設定

 

■CHECK


⑥成果評価

 プラン設定した各指標(KPI)をみながら、計画にそって施策が展開されているか、検証を行います。

 

 

 

 

 

 

■DO


⑤施策実施

 プランをもとに施策を実行します。

 

 

 

 

 

 

 

 

■ACTION


⑦戦略フィードバック

 Checkの中で見えてきた課題から、解決策を考え、次の「仮説」設定と KPI 設定 をおこない、さらに精度の高い施策立案につなげます。