平成25年2月24日発行 2964号

夜に浮かぶ歌舞伎の殿堂 ライトアップ試験

 

こけら落としを4月に控えた歌舞伎座(東京・銀座)で14日夜、LEDの白色光を使った夜間のライトアップの試験が行われ、夜の銀座に真っ白な歌舞伎の殿堂が浮き上がった。後方の歌舞伎座タワーの頂部から降り注ぐ130メートルの光は、月光をイメージ。照明デザイナー、石井幹子さん(74)らが演出しており、季節ごとに照明の色が変化する。

1818体でピラミッド「鴻巣びっくりひな祭り」

 

ひな人形づくりで有名な埼玉県鴻巣市で17日から開催される「鴻巣びっくりひな祭り」(鴻巣市観光協会主催)を前に16日、メイン会場の鴻巣市役所でひな人形の飾り付けが行われた。市役所吹き抜けのロビーに1818体の人形を並べた高さ7メートル、31段の「ピラミッドひな壇」が完成すると、市民から歓声があがった。3月9日まで開催、入場無料。

中部電力 世界切符、カーリング日本選手権

 

カーリングの日本選手権第最終日は17日、札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで行われ、女子は中部電力が、3年連続3度目の優勝。2014年ソチ五輪出場枠の獲得をかけた世界選手権(3月16~24日、ラトビア・リガ)出場を決めた。写真は優勝して喜ぶ中部電力の市川美余主将(左から2人目)ら。

相模湾でシラスウナギの漁が最盛期

 

神奈川県藤沢市の相模湾で、絶滅危惧種に指定されたニホンウナギの稚魚、シラスウナギの漁が最盛期を迎えている。地元漁協関係者が深夜から朝方まで砂浜にカンテラの明かりをともし、川に遡上する体長約6センチの稚魚を網ですくっていた。関係者は「年々、漁獲量も河口にともる明かりも減る一方で寂しいばかり」と話した。

産経子どもニュース 育て!子どもたち
産経子どもニュース 育て!子どもたち
サイトマップ
Copyright(c) 2012 SANKEI Advertising Inc. All Rights Reserved.