平成25年4月18日発行 第1662号

パンの耳はどこへ行く?②おいしくて簡単、パン耳リサイクル

協力:ブレッドギャラリーコンチェルト 写真と文:河原潤子
協力:ブレッドギャラリーコンチェルト 写真と文:河原潤子

私たちの食生活を見守る農林水産省では「食品リサイクル法」という法律を決めて、食品ゴミを作らない取り組みをしています。私たちにもできる一番のリサイクルは、残さずに食べきることです。「パンの耳」を活用して何ができるでしょう。


石黒献二(ふりがな:いしぐろけんじ)さんのおはなし
  いろいろできましたね。今までナイショにしていたのですが「パンの耳」は、パンの一番甘くておいしいところです。この機会に、お家の人と一緒に食べ方を工夫してみてください。

全国春の交通安全運動開催●自転車安全利用五則

制作協力=宇宙航空研究開発機構(JAXA)/日本宇宙フォーラム(JSF)
制作協力=宇宙航空研究開発機構(JAXA)/日本宇宙フォーラム(JSF)

春の全国交通安全運動が、4月6日(土)から15日(月)までの10日間、全国一斉に開催されています。今回は「子どもと高齢者の交通事故防止」が運動の基本となっています。なかでも、自転車による交通事故を減らそうと、自転車利用者に自転車安全利用五則を守るように呼びかけています。

 

 

西洋名画●《農民の踊り》

出典=西洋名画これくしょん\やさしいまなざし(中山公男執筆) ウイーン、美術史美術館
出典=西洋名画これくしょん\やさしいまなざし(中山公男執筆) ウイーン、美術史美術館

ピーテル・ブリューゲルは、16世紀のブラバント公国 (現在のベルギー)の画家です。ブリューゲルは農民たちの生活を多く題材にしたことから、「農民画家ブリューゲル」とも呼ばれました。この絵は、農民の生活のたくましさ、きびしさを描き続けてきたブリューゲルの傑作です。

 

農民たちは、かれらの村の守護聖人の日を「縁日」として祝い、歌い、踊り、思いきり酔っ払います。ダイナミックに輪になって踊る人たち、キスしている男女、酔っ払って喧嘩をはじめる人たち。バグパイプを吹く男に酒をすすめる人もいます。子どもの乞食に食べ物をあげている人のすがたも見えます。ふだんは、つらい野良仕事をしている人たちも、今日は、教会前の広い通りで、思いきり羽目をはずしているようです。ブリューゲルは、その力強さ、たくましさをじつに堂々と描きあげています。

台湾⑤私たちに身近な台湾ブランド

制作協力=台北駐日経済文化代表処 文=萩原正人
制作協力=台北駐日経済文化代表処 文=萩原正人

日本と台湾の貿易額は2012年に665億ドルを超えて、台湾にとって日本は2番目、日本にとって台湾は4番目の重要な貿易相手国です。皆さんにも身近なマウンテンバイクやロードバイクなど品質の優れたスポーツタイプの自転車、パソコンや周辺機器、果物やお茶などが台湾から輸入されています。

 

亜熱帯や熱帯性気候の台湾はさまざまな果物が生産されるフルーツ王国。バナナやパイナップル、マンゴー、ドラゴンフルーツなどが日本に輸出され、果物輸出総額の半分以上を占めています。台湾の烏龍茶は世界的に有名ですが、血液中の中性脂肪をおさえる効果もあって健康にも良く、日本でも人気があります。

産経子どもニュース 育て!子どもたち
産経子どもニュース 育て!子どもたち
サイトマップ
Copyright(c) 2012 SANKEI Advertising Inc. All Rights Reserved.