平成24年6月28日発行 第1629号

古代文字③中国の甲骨文字

漢字は1つ1つの文字に意味がある表意文字で、象形文字の姿を残す世界でも珍しい文字です。漢字のもととなったのは亀の甲羅や牛の骨などに彫られた甲骨文字で、中国の殷(紀元前1600年ごろ)の時代に祭や軍事、農耕などの占いに使われていました。

 

1899年、漢方の薬「竜の骨」から偶然発見された甲骨文字は、当時謎だった殷王朝が実在した手がかりになりました。占いの方法は、亀の甲に穴をあけ、その部分に熱した金属棒を当ててびびわれを作り、その形で吉凶を占いました。その占いの内容を甲骨に刻み込んだのが甲骨文字です。

愛情子育て●ヒツジ

ヒツジは約10000万年前から西アジアで家畜として飼われ始めた人間にとってとても馴染みの深い動物です。毛はウールとして衣服に、乳はチーズなどの乳製品に、肉や皮、骨、フンまでも利用されています。ヒツジほど用途の広い家畜はありません。

 

ヒツジは仲間のヤギとちがい草だけを食べます。ヒツジは良く群れている姿を見ますが、これは非常に群れたがる性質をもっているからで、群れから引き離されると強いストレスを受けてしまいます。また、リーダーに従う傾向がとても強いので、家畜として飼育しやすい動物です。

金星の日面通過

■画像提供=NASA
■画像提供=NASA

6月6日、太陽の前を金星が小さい黒い点となってゆっくりと横切る「金星の日面通過」と呼ばれる天体現象が世界各国で観測されました。これは金星が地球と太陽のちょうど間に入ることでみられる事象です。みなさんは、観測することができたかな?

 

西洋名画ゴッホ①『じゃがいもを食べる人たち』

■出典=少年少女名作絵画館/ゴッホ(千足伸行著)アムステルダム、国立ゴッホ美術館
■出典=少年少女名作絵画館/ゴッホ(千足伸行著)アムステルダム、国立ゴッホ美術館

1853年、オランダ人として生まれたヴィンセント・ヴァン・ゴッホは、その37年間の生涯に約900点の油絵とほぼそれと同じくらいのデッサンを残しています。愛し、悩み、悲しみ、希望し、絶望した彼の人生をそのまま語っているかのようなその作品は、印象派の芸術とはまた違った感動的な人間記録として、今なお私たちの心を熱く打つのです。

 

パリに出て明るい色彩で描き始める前、1883年から1885年にかけて約2年間のオランダのヌエネン時代は、画家としてのゴッホの本格的な足固めの時期として重要な意味を持っています。ヌエネンの農民の家族をモデルにした作品『じゃがいもを食べる人たち』は、ミレーのような農民画を描きたいというゴッホの気持ちの現われでもありました。弱々しい光を放つランプの下で、つつましい夕食をとる5人の農民を画家がどんな思いを込めて描いたか、これについては画家自身が弟のデオ宛の手紙の中で説明しています。「小さなランプの下でじゃがいもを食べているこれらの人々は、今彼らが皿にのばしているのと同じ手で土を掘ったのだということを、僕はぜひ伝えたかった。・・・・・僕はここで朴たち文明化された人間のそれとままったく違う生活様式というものを明らかにしたかったのだ・・・・・」。

平成24年6月21日発行 第1628号

古代文字②古代メソポタミアの楔形文字

古代メソポタミア文明は世界最古の文明です。楔形文字はここで使われた文字で、紀元前3500年頃にシュメール人によって発明されました。文字は楔の形をした線や点でできており、とがった棒などで粘土板に彫られました。約3000年間にわたって西アジアの各地で使われました。

 

楔形文字によって書かれたものとしては、ハンムラビ法典がよく知られています。紀元前18世紀にバビロニア(現在のイラン・イラク)のハンムラビ王がつくりました。「目には目を、歯には歯を」というきびしい復しゅう法で知られています。

愛情子育て●ツキノワグマ

本をはじめアジア各地にすむツキノワグマの親子です。2頭の小グマがお母さんに抱かれてお乳を飲んでいます。胸にある三日月形やV字形の白い模様があることからツキノワグマと呼ばれています。形や大きさは一頭ごとで違い、白い模様が全くないものもいます。

 

ツキノワグマは秋にたると冬眠するために、ブナやミズナラ、クリなどの木の実を大量に食べて脂肪を蓄えます。これらの木の実が不作であった年には、エサを求めて人里へ出没することが増えるようです。冬眠中は水や食物をいっさいとらないうえ、ウンチやおしっこも一切しません。

日本の地下鉄①地下鉄って今どこをはしっているの?

地下鉄は現在、東京をはじめ札幌、仙台、横浜、名古屋、京都、大阪、兵庫、福岡の9都市で走っています。その距離は、約735kmにおよび、1日平均で約1428万人もが通勤や通学などで地下鉄を利用しています。地下鉄は、都市の交通手段として大きな役割を果たしています。

 

地下鉄は、地上を走る鉄道と違って車や人のじゃまにならず、騒音も少ないので都市の交通として発達しました。郊外に出るのに不便な乗り換えをなくすため、地下鉄と別な鉄道会社とが、お互いに相手の路線に乗り入れて運転する相互直通運転も行われています。
相互直通運転
都営浅草線
日本の地下鉄で最初の相互直通運転は、昭和35年(1960年)12月に東京都営地下鉄浅草線と京成電鉄の間で始まりました。今では、浅草線には4つの会社の電車が乗り入れていて、日本で一番多くの種類の電車を見ることができます。現在、地下鉄と別の会社の相互直通運転は、日本の7都市の17の路線で行われています。 東京メトロ
日本で初めての地下鉄は1927年、東京の上野~浅草間2.2kmを走った今の東京メトロ銀座線です。今年の春、開業から約40年にわたり親しまれた銀座線旧1000形をモチーフとし、当時の車体色を再現するなどレトロ調にデザインした銀座線1000系車両がデビューしました。新型車両は新型操舵台車が採用られ、通常の台車よりもカーブをスムーズに走行することが可能です。

銀河が衝突●40億年後の太陽系は?

■画像提供=NASA
■画像提供=NASA

私たちの住む地球は太陽系にあり、太陽系は天の川銀河(星の集団)に属しています。天の川銀河は40億年後にアンドロメダ銀河と衝突・合体するとの。こんな分析結果を米航空宇宙局(NASA)のチームがハッブル宇宙望遠鏡を使った観測結果を発表しました。

 

アンドロメダ銀河は地球から約250万光年離れた位置にあり、時速40万2000kmで天の川銀河に近づいてきています。衝突が始まってから、2つの銀河が完全に合体するのは60億年後といわれます。2つの銀河には十分な隙間があるため、星の衝突はなく、太陽や球が破壊されることはなさそうです。

平成24年5月14日発行 第1627号

古代文字①エジプトのヒエログリフ

古代エジプトには世界最古の文字の一つであるヒエログリフという象形文字(物の形をうつして文字にしたもの)がありました。紀元前3000年頃に誕生し、紀元1世紀ごろまで使われていました。その後使われなくなり、読み方は忘れ去られてしまいました。が、19世紀になって、フランスのシャンポリオンのロゼッタストーン解読により読めるようになりました。

 

ヒエログリフの解読には、ナポレオンのエジプト遠征軍が持ち帰ったロゼッタストーンが大きなきっかけを与えました。フランスの言語学者シャンポリオンは子どものころから「ロゼッタストーンを読む」と心に決め、さまざまな国の言語や歴史を学んで、1822年ついに解読に成功しました。今では研究が進み、ほぼ完全に解読されています。

愛情子育て●ベニヘラザキ

フラミンゴのような鮮やかなピンクの羽を持つこの鳥は、アメリカ南部から南アメリカにすむトキの仲間ベニヘラザキです。顔と頭にはほとんど毛が生えていないので、体の美しさに比べて、ちょっと怖い顔をしています。

 

ベニヘラザキは、沼地、干潟、マングローブ林に生息し、水の浅いところでしゃもじのようなクチバシを少し開いて水中に入れ、左右に振りながら、歩き回り、クチバシに触れた魚やエビなどの獲物をとらえます。木の上にオスとメスが協力して巣をつくり、共同で子育てを行います。

アジア・太平洋地域の仲間と競う「水ロケット大会」

■制作協力=宇宙航空研究開発機構(JAXA)/日本宇宙フォーラム(JSF)
■制作協力=宇宙航空研究開発機構(JAXA)/日本宇宙フォーラム(JSF)

水ロケットは、ペットボトルに水と圧縮空気を入れて、弁を取り付けた口から一気に噴出しする水と空気の反作用を推進力に飛行するロケットの模型です。
今年12月に、マレーシアのクアラルンプール市で開催される「APR SAF-19水ロケット大会」。この大会では、アジア太平洋地 域の中学2年生から高校1年生が集まり、宇宙への夢を乗せた水ロケットを打ち上げ、定点距離を競います。そして、宇宙・科学 術の知 識を交換し、友情や絆を深めることを目指します。現在、参加チームを募集中。みなさんの挑戦をおまちしています。

 

 

西洋名画ゴヤ③『鰯の埋葬』

■出典=少年少女名作絵画館/ゴヤ(雪山行二著)マドリード、サン、フェルナンド王立美術アカデミー
■出典=少年少女名作絵画館/ゴヤ(雪山行二著)マドリード、サン、フェルナンド王立美術アカデミー

ゴヤは生涯に、現存する作品だけでも実に700点以上もの油絵、900点近いデッサン、300点あまりの版画を制作しました。その分野が宗教画、風俗画、肖像画、神話画というように広い範囲にわたっていることも注目されますが、何より驚かされるのは、たとえ82年という長い生涯であったとはいえ、その間に画風をいちじるしく変えたことです。ゴヤは自分をとりまく世界から、人間のいとなみから受ける刺激を想像力の最大の糧にしたのです。

 

「鰯の埋葬」とは謝肉祭の最後を飾るスペインの民衆行事です。人びとは青空の下、仮面をかぶり、奇怪な顔のついた幟を立てて踊り狂っていますが、このように狂気にとりつかれた群衆というのは、ゴヤがとりわけ得意とした題材でした。個々の人物は明確なかたちを持たず、群衆全体がわき立つようなリズムを生み出しています。それは彼自身の内からふきあげてくる暗いエネルギーなのです。

平成24年11月22日発行 第1644号

職業ガイド⑧興味と好奇心が大切です。

これまで、いくつもの職業を紹介してきましたが、興味を持った仕事はありましたか? 仕事は自分に向いているものであれば、楽しくすることができます。その仕事をみつけるには、何ごとにも興味を持つことが大切です。きっと自分に合った仕事があるはずです。

 

 

愛情子育て●イボイノシシ

イボイノシシは、アフリカのサバンナにすむブタの仲間です。日本のイノシシより少し小さく、体毛は灰色がかった茶色で、背中にたてがみが映えています。イボイノシシは名前の通り目の下とほほにイボと、カーブした大きな牙が特徴です。

 

イボイノシシは地面近くに生えている植物の葉や茎、また地下にある根や球根を掘り起こして食べます。低い場所にあるものを食べるので、前足を折った姿勢で食事をします。敵を見つけると、群れで一列に並び、尾をピンと立てて走って逃げます。イボイノシシは必死ですが、ユーモラスでとても可愛らしい姿です。

西洋名画ゴヤ②『巨人』

■出典=出典=少年少女名作絵画館/ゴヤ(雪山行二著) マドリード、プラド美術館
■出典=出典=少年少女名作絵画館/ゴヤ(雪山行二著) マドリード、プラド美術館

ゴヤが65歳ごろに描いた不思議な作品です。黒雲におおわれた空を背景にして、夕日を浴びた裸の巨人がそびえ立ち、薄闇につつまれた地上ではパニック状態におちいった人びとや牛馬が四方八方に逃げまどっています。巨人は地上の光景には目もくれず、はるか遠くをにらみつけ、まるで敵をおどすかのような姿勢で身構えています。その後姿はたくましく、英雄的ですが、そこには悲劇的な雰囲気が色濃くただよっています。

 

当時ゴヤの祖国スペインはフランス皇帝ナポレオンの軍隊によって占領されていました。人びとはその野蛮な行為と飢えに耐えきれず、占領軍に対して各地でゲリラ戦で抵抗していました。ゴヤはスペイン国民を不幸のどん底におとし入れた戦争をにくむとともに、そのなかで人間らしいやさしい心や崇高な精神を持ち続けるのがどれほど難しいことであるかを痛感していました。この巨人がにらみつけている相手はナポレオン、というよりはむしろ、人の心を野獣のように猛々しいものに変えてしまう戦争そのものと思われます。そして、巨人のたくましい姿こそ実は、当時社会との交渉をほとんど断ち、画家としてただひとりわが道を歩んでいたゴヤ自身の心境を表しているのではないでしょうか。

台湾⑫馮寄台代表からみなさんへのメッセージ

■制作協力=台湾駐日経済文化代表処 写真と文=荻原正人
■制作協力=台湾駐日経済文化代表処 写真と文=荻原正人

私は台北駐日経済文化代表処の代表、馮寄台と申します。2008年9月に来日し、今年5月に任期を終え台湾へ帰国します。この4年間に日本と台湾の関係は、青少年の一層の交流を図るためにワーキングホリデー協定が実施されるなど、これまで以上に深く密接なものとなりました。「産経子どもニュース」をご覧のみなさんは、台湾について理解を深められたと思いますが、百聞は一見にしかずといいます。是非一度、台湾にいらして見聞を広めてください。みなさんが、未来の両国の架け橋となり、両国の友好と交流をさらに発展してくれることを願っています。最後に東日本大震災で被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げると共に、被災地の1日も早い復興を祈っております。

 

日本と台湾は歴史的にも経済的にも大変関係が深く、距離も沖縄県与那国島から約100kmしか離れていない隣国です。台湾の世論調査では、「最も好きな国」が日本という、とても親日的な国です。この関係を未来につなげるためには、両国民が交流とても大切です。

平成24年11月15日発行 第1643号

職業ガイド⑦クリエイティブな職業

自分の創造力で作品を生み出す作家やマンガ家、イラストレーターなどのクリエイティブな職業に興味があるという人も多いことでしょう。この職業は自分には才能があると思っていても、人から認められないと成功しない仕事です。成功するためには、あきらめずに続けることが大事です。

 

 

愛情子育て●ミソサザイ

4羽のヒナが大きな口をあけてお母さんにエサをねだっています。この鳥は、日本を含め世界各地にせい息するミソサザイの親子です。スズメより小さい、日本で最も小さな鳥のひとつですが、体の大きさに似合わず大きな美しい声で鳴きます。

 

ミソサザイは全長約11cm。全身こげ茶色で細かいしま模様をしています。ヨーロッパではミソサザイを「鳥の王」といいます。森の王に立候補したミソサザイが、森の王者イノシシの耳の中に飛び込んで、イノシシを倒したものの、だれも小さなミソサザイを森の王とは認めなかったという有名なお話があります。

西洋名画ゴヤ①『カルロス4世の家族』

■出典=少年少女名作絵画館/ゴヤ(雪山行二著) マドリード、プラド美術館
■出典=少年少女名作絵画館/ゴヤ(雪山行二著) マドリード、プラド美術館

フランシスコ・ゴヤは1746年生まれのスペインの画家です。1789年、スペイン王室付きの画家に任ぜられ、1799年には首席宮廷画家に任命されます。そして、その初の大仕事として、1800年5月から1年以上もかけて『カルロス4世の家族』に取組みました。彼の前半生を集大成したともいうべき傑作です。

 

中央に立つのは王室の実権をにぎる王妃マリア・ルイーサ、国王カルロス4世は脇役として右側に立っています。注目されるのは、国王夫妻に対する残酷までの性格描写です。赤ら顔の国王は、たとえ愚かであっても本当にお人好しな人物として描かれ、一方王妃はみにくく、それにどう猛な性格を与えられています。画面左後方の薄闇の中で、大きなカンヴァスを前にして、自分こそ証人であるといわんばかりに傲然と立っているのはゴヤ自身です。彼は国王夫妻のみにくさを画面の上にえぐり出したため、2度と王室の仕事はもらえなくなりました。

台湾⑪貴重な文化遺産 卑南遺跡

■制作協力=台湾駐日経済文化代表処 写真と文=荻原正人
■制作協力=台湾駐日経済文化代表処 写真と文=荻原正人

「卑南(ひなん)遺跡」は1980年、台湾東南部の台東駅建設工事の現場で発見されました。先史時代(文字による資料のない時代)の集落遺跡で、新石器時代の住居跡や土器などのほか、太平洋地域では最大規模といわれる多数の石棺(石で組んだお墓)や死者を弔う装飾品も見つかりました。

 

発掘現場はそのまま遺跡公園として保存され、世界でも珍しい野外考古学博物館となりました。台湾史前文化博物館には氷河期の自然や人類の文化遺産として、世界遺産登録を目指しています。

平成24年5月24日発行 第1624号

職業ガイド⑥将来は先生「保育士・教員」

保育園で親に代わって子どもを保育する保育士、幼稚園から高校までの教員(先生)は、どちらかというと女子に人気の職業です。この職業につくには、高校卒業後、大学や専門学校に入学し資格をとらなくてはなりません。教育にたずさわる職業は、人の将来を左右する非常に重要な仕事です。

 

 

愛情子育て●ヘラジカ

この親子は、北アメリカの北部やヨーロッパ、アジア北部に住むシカの仲間では最大の大きさを誇るヘラジカです。ウマのような長い顔、長い足などが特徴で、オスには手のひら状に広がった巨大な角があります。この角は毎年生えかわります。

 

オスは、秋になるとメスの気を引こうとして大きな声でほえ、メスをめぐってツノを突き合わせて戦います。メスは、は毎年春になると子どもを1〜2頭出産します。子ジカは急速に成長し、生後5日で人間よりも速く走ることができるようになるといいます。子ジカは1年間、お母さんと一緒に暮らします。

西洋名画ゴーギャン③『われわれはどこから来たのか、われわれは何者なのか、われわれはどこへ行くのか』

■出典=少年少女名作絵画館/ゴーギャン(阿部信雄著)エジンバラ、ボストン美術館
■出典=少年少女名作絵画館/ゴーギャン(阿部信雄著)エジンバラ、ボストン美術館

1893年にゴーギャンは一度タヒチからフランスへ戻り、1895年9月9日、再びタヒチに戻りました。その2年後、最大の不幸がゴーギャンを襲いました。デンマークのコペンハーゲンに残してきた最愛の娘アリーヌが19歳の若さで死んでしまったのです。ゴーギャンは、その悲しみの中でこの大作を描きました。ここには人間の生と死が描かれています。

 

画面の右端はしの生まれたばかりの子は誕生を意味し、左はしの老いて絶望したようすの女性は死を意味しています。ゴーギャンは娘の死を知らされ、人間の生について、あらためて深く考えたに違いありません。そして、人生の意味―その喜びと悲しみ―を語る大作を一気に描き上げたのです。ゴーギャンは、この絵に取りかかる前から自殺する決心をかためていました。彼は、この作品を完成して間もなく毒を飲みます。結局、この自殺は失敗に終わり、彼は助かります。そして約5年後、ゴーギャンはマルキーズ諸島のヒヴァ・オア島で、南の楽園にヨーロッパ人(すなわち文明人)が持ち込んだ恐ろしい病にたおれ、54歳で生を終えました。しかしその死後、彼がタヒチやヒヴァ・オア島で描いた作品は、永遠の生命を得て輝き始めるのです。

台湾⑩世界遺産を目指す棲蘭山

■制作協力=台湾駐日経済文化代表処 写真と文=荻原正人 協力=サンケイツアーズ
■制作協力=台湾駐日経済文化代表処 写真と文=荻原正人 協力=サンケイツアーズ

雨が多く多湿な台湾には阿里山や太平山、棲蘭山など、檜の原生林が数多くあります。標高約1600㍍の棲蘭山には、樹齢2000年を超える檜も生息、これらの大木は神木と呼ばれ、「孔子」や「司馬遷」など、中国の歴史に登場する人たちの名前が付けられて、大切に保護されています。

 

棲蘭山で最大の「司馬遷神木」の樹齢はおよそ2100年、高さ40㍍、幹の太さは4㍍以上あります。台湾檜は耐久性や耐水性に優れ、上質な木材として寺院や神社の建築に使われました。台湾檜には2種類あり、神木として残っているのはほとんどが台湾紅檜です。紅檜は有用な木材となりにくいので伐採を免れたそうです。

平成24年4月26日発行 第1621号

台湾⑦烏山頭ダムと八田與一記念公園

日本統治時代、荒地だった嘉南平野にダムや水路を建設して豊かな穀倉地帯に変えた八田與一技師は、台湾の中学校教科書に登場するなど、台湾でよく知られ尊敬される日本人です。昨年、当時の宿舎などを復元した「八田與一記念公園」が開園しました。毎年命日には慰霊祭も行われます。

 

烏山頭ダムは石積み工法で1920年から10年かけて建設されました。当時、東洋一といわれた自然と調和した美しいダムで、世界遺産を目指す運動も始まっています。記念館や八田技師の銅像、夫妻のお墓があり、お参りする人が絶えません。公園前の道路の名前は「八田路」と改められました。

企業のエコ活動●信用金庫

信用金庫とは、皆さんの地域をまもるためにある金融機関です。金融機関とは、お金を預けたり、借りたりするところですが、環境に優しい活動も行っています。地域の環境を大切にすることが地球を守ることにつながっていくと信じて、日々エコ活動の取組んでいます。

 

 

愛情子育て●サバンナモンキー

アフリカにすむサバンナモンキーの親子です。その名の通りオナガザルの仲間のうちサバンナ(草原)に進出した唯一の種類で、川辺の林を好み、樹上と地上で暮らし、かなりの時間を地上で過ごします。果実、草の実、木の葉、昆虫などを食べ、50〜100頭程の群れをつくります。

 

サバンナモンキーは、ベルベットモンキーとも呼ばれ、毛はビロード(布地のベルベット)状で柔らかく美しい毛並みをしています。尾は長く、顔は黒く毛はなく、黒い顔の周りを白いふさふさとした毛がおおっています。すむ地域によって顔の黒さなどが違い、20種類以上に分けられます。

職業ガイド③女子人気ナンバー1は「パン・ケーキ屋・お菓子屋」

今年の新1年生女子のなりたい職業第1位は「パン・ケーキ屋・お菓子屋」さんでした。ちなみに男子では8位でした。みんなパンやケーキ、お菓子が大好きですよね。おいしい料理が作られたとき、作った料理を食べた人がおいしいといってくれたとき、とてもうれしくなります。

 

 

平成24年4月19日発行 第1620号

台湾⑥池上一郎博士文庫

軍医として台湾南部・竹田の野戦病院に赴任した池上一郎博士は医薬品が乏しい戦争中でしたが、軍人だけでなく村人たちの治療にもあたり、戦後は台湾の留学生を支援するなど、住民から敬愛されていました。「池上一郎博士文庫」は2001年、博士の寄贈した書物を中心に設立されました。

 

竹田駅に隣接した「アジア最南端の日本語図書館」の看板がかかる文庫は、住民たちの奉仕活動で運営されています。蔵書は1万冊を超え、読書会には日本語教育を受けた人たちや、日本語を学ぶ大学生たちも参加するそうです。昨年は東日本大震災への義援金を日本に送っていただきました。

西洋名画レンブラント③『夜警』

■出展=西洋名画これくしょん・やさしいまなざし(中山公男著)アムステルダム国立美術館
■出展=西洋名画これくしょん・やさしいまなざし(中山公男著)アムステルダム国立美術館

『夜警』はほとんど知らない人がいないほど有名な絵です。アムステルダムの火縄銃射手隊の幹部たちの集団肖像画です。オランダの各都市には、中世以来、市民の自衛団があり、いくつかの隊に分かれていました。16世紀後半、スペインに対する独立戦争のときに、こうした自衛団が活躍しました。

 

1638年から45年にかけて、アムステルダムの6つの火縄銃射手隊の集団肖像画が、本部集会室を飾るために6人の画家によって制作されていますが、そのひとつが、このフランス。バニング・コックを指揮官とする隊を描いたレンブラントの作品でした。レンブラントは、人々が整然と並んだ型通りの集団肖像画の単調さに満足できず、隊長が命令を下し、鼓手が太鼓を打ち鳴らして行進が始まろうとする、という場面を想像して全体をまとめてみたのです。さらに、強い明暗の対比が劇的に効果を高めています。そこで、実は夜でも自衛団の巡回でもないのですが、表面のニスが黄ばんで画面の暗さが増した18世紀末頃から、この絵は『夜警』として知られるようになりました。

愛情子育て●ラッコ

お腹の上に子どもを乗せて海に浮かぶのは、ラッコの親子です。ラッコはいたち科でカワウソの仲間です。海岸近くの海中で暮らし、陸上に上がることはほとんどありません。夜は、コンブなどの海草を体に巻きつけて、海流に流されないようにして休みます。

 

ラッコのエサはイカやウニ、アジ、ホタテなどの魚介類です。海中で獲物を捕らえ、水面まで運んでから食べます。貝を食べるときは、お腹に乗せた貝を石や別の貝で打ちつけ、割ってから食べます。道具を使う哺乳類は、サルの仲間のほかにはラッコだけといわれています。

職業ガイド②男子人気ナンバー1は「スポーツ選手」

今年、小学校に入学する新1年生になりたい職業をたずねた結果をみると、男子の1位は「スポーツ選手」でした。スポーツを職業とするプロスポーツ選手というと、野球とサッカーがすぐに思い浮かびますが、実はいろいろなプロスポーツがあります。プロスポーツ選手という夢をかなえるには、できるだけ若いうちから専門的なトレーニングを積む必要があります。

 

 

産経子どもニュース 育て!子どもたち
産経子どもニュース 育て!子どもたち
サイトマップ
Copyright(c) 2012 SANKEI Advertising Inc. All Rights Reserved.