平成24年5月27日発行 2929号

両陛下、チャールズ皇太子夫妻主催の晩餐会ご出席

 

エリザベス女王の在位60年を記念した午餐(昼食)会などの行事に出席するため、英国を16日から訪問されていた天皇、皇后両陛下は18日夜(日本時間19日未明)、ロンドンのバッキンガム宮殿で、各国の王族らとともにチャールズ皇太子夫妻主催の晩餐に臨まれた。入り口では、十数人の衛兵が出迎えた。

「信じられない」旭天鵬、最年長の初賜杯

 

大相撲夏場所は20日、東京・両国国技館で千秋楽を行い、前頭7枚目の旭天鵬(37)=本名・太田勝、モンゴル出身、友綱部屋=が12勝3敗で並んだ栃煌山との史上初の平幕同士による優勝決定戦を制し、史上最年長となる37歳8カ月での初優勝を決めた。優勝インタビューでは「信じられない」を連発した。写真はパレードに向かう旭天鵬、左は旗手を務めた横綱白鵬。

金環日食 列島各地で天文ショー

 

21日朝、金環日食が九州南部から福島県にかけての一帯で起き、東京、名古屋、大阪などの大都市も含まれる史上まれな天文ショーとなった。各地で観測していた人たちから歓声と拍手が上がった。写真は東京都墨田区の源森橋から東京スカイツリーをバックに見られた金環日食(減光フィルター使用、7時4分から5分間隔で撮影した太陽を、5時29分に撮影したスカイツリーの写真に合成したもの)。

2年ぶりにみこし渡御 浅草の三社祭

 

東京・浅草の三社祭(浅草神社例大祭)は19日、昨年は東日本大震災に配慮して中止した恒例のみこし渡御を2年ぶりに行った。約100基が境内に集まり、東京スカイツリー(墨田区)をバックに町会ごとの法被を着た氏子らが勇壮なかけ声を上げみこしを担いだ。

平成24年5月20日発行 2928号

両陛下、仮設住民お見舞い 仙台市若林区

 

天皇、皇后両陛下は13日、訪問先の仙台市で、東日本大震災の津波で被害を受けた住民が身を寄せる仙台市若林区の仮設住宅を見舞われた。両陛下は、一人一人の暮らしぶりに耳を傾け、声をかけて励まされた。今回の両陛下の仙台訪問は、13日に出席した化学関係の国際会議のためだったが、陛下は一貫して「仙台に行くなら、被災者を見舞うことはどうしてもしたい」と述べられたという。

いよっ「澤瀉屋!」 市川亀治郎さんらお練り

 

6月に四代目市川猿之助を襲名する歌舞伎俳優の市川亀治郎さん(36)と、九代目市川中車として歌舞伎界入りする俳優の香川照之さん(46)らが11日、東京・浅草の浅草寺を華やかに練り歩く「お練り」を行った。二代目猿翁となる現三代目猿之助さん(72)、香川さんの長男で五代目団子として初舞台を踏む政明さん(8)らも参加。ファンらから「澤瀉屋(猿之助さんらの屋号)」などの声援が飛んだ。

台湾ダム建設に尽力 八田與一没後70年展開催

 

日本統治時代に台湾南部で烏山頭ダムの建設を指揮した日本人技師、八田與一の没後70年を記念する「八田與一展」が八田の命日にあたる8日、台北駐日経済文化代表処(東京都港区白金台)で開幕した(写真)。ダム建設で台南一帯は穀倉地帯となり、台湾では八田の業績を学校教育で取り上げている。公開は代表処・公邸1階「文芸サロン」で土日を除き24日まで。家族写真やダム建設の工程をたどる資料など約60点を展示する。

福見、逆転で初の五輪 女子48キロ級

 

柔道・全日本選抜体重別選手権が13日、福岡国際センターでロンドン五輪代表最終選考会を兼ねて男女の計7階級を行い、女48キロ級は福見友子(26)=了徳寺学園職=が、2年ぶり4度目の優勝を果たし、競技終了後の全日本柔道連盟強化委員会で初の五輪代表に選ばれた。写真は決勝で高校3年の岡本理帆(藤枝純心高)=右=に攻め込む福見。写真右下は五輪代表が決定し、笑顔でポーズをとる福見。

平成24年5月13日発行 2927号

竜巻で1人死亡46人けが 580棟損壊

 

ゴールデンウィークの最終日の6日、各地で竜巻とみられる突風や落雷による被害が相次いだ。茨城県つくば市や栃木県真岡市などで竜巻とみられる突風による家屋の損壊が相次ぎ、つくば市では自宅にいた男子中学生(14)が死亡した。総務省消防庁によると、両県と群馬県の46人がけがをしたほか、住宅など約580棟に被害が出た。写真は、竜巻によって壊滅的な被害を受けた茨城県つくば市北条地区の集合住宅。

体操初の3きょうだい五輪代表

 

体操のロンドン五輪代表が5日、東京・国立代々木競技場で行われた最終選考会のNHK杯で決定し、女子で田中理恵(24)=写真中央=、男子で兄の和仁(26)=同右=と弟の佑典(22)=同左=が、いずれも初の五輪切符を手にした。3きょうだいでの五輪代表入りは体操ニッポン史上初めて。会場で声援を送っていた父、章二さんは「夢見たいなことがあっていいのか。信じられない」と涙ぐんだ。

ヤクルト・宮本 最年長で2000本安打達成

 

プロ野球ヤクルトの宮本慎也内野手は4日、東京・神宮球場で行われた広島6回戦で福井優也投手から中前打を放ち、史上40人目となる通算2千安打をプロ18年目、1976試合目で達成した。41歳5ヶ月での到達は、落合博満の41歳4ヶ月を上回り最年長。大学卒で社会人を経た選手では同じヤクルトの古田敦也に続いて2人目となった。残り25本で今期を迎え、28試合目で成し遂げた。

白山「百四丈滝」 人を寄せつけない「幻の風景」

 

富山、石川、福井、岐阜の4県にまたがる北陸の名峰・白山。山域の最高峰の御前峰(2702メートル)の北西5キロにある尾添屋根の谷底に噴火口のような滝つぼが見えた。轟音とともに流れ落ちる水が巨大な穴に吸い込まれていく。これは90メートルほどの高さから落ちた水が砕けてしぶきになり、冬の間は、それが凍ってできた同心円状の氷の滝。
毎年4月下旬から5月中旬にだけ見られる「百四丈滝」の幻の姿だ。

平成24年4月29日発行 2926号

「春の園遊会」開催 陛下、台湾の震災支援に謝意

 

天皇、皇后両陛下ご主催の「春の園遊会」が19日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、宇宙飛行士の古川聡さんなど、各界の功労者ら1956人が出席した。台湾の台北駐日経済文化代表処の馮寄台代表(大使に相当)=写真右=も、代表として初めて招待された。台湾の中央通信社によると、陛下は馮代表に対し、東日本大震災で寄せられた台湾からの支援に感謝の言葉を述べられた。

大江香織、初V フジサンケイレディス

 

女子ゴルフの第31回フジサンケイレディスクラシック(産経新聞など主催)は22日、静岡県伊東市の川奈ホテルGC富士(640ヤード、パー72)で最終ラウンドを行い、プロ4年目の大江香織(22)がコース新記録の通産9アンダーでツアー初優勝した。首位に2打差の2位から出た大江は、6バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの70で回り、平成20年に上原彩子がマークした8アンダーを上回る記録で頂点に立った。

日本 初優勝 フィギュア世界国別対抗戦

 

フィギュアスケートの第2回世界国別対抗戦最終日は21日、東京・国立代々木競技場で行われ、日本が4種目合計55点で初優勝した。女子はショートプログラムで2位だった世界選手権銅メダルの鈴木明子(邦和スポーツランド)=写真中央=がフリーで逆転し、自己ベストの合計187.79点で制し、優勝に貢献した。写真は表彰台で応える日本チーム。

人間将棋 “待ったなし”の復活 山形・天童市

 

将棋の駒の生産量で日本一を誇る山形県天童市で21日、武者姿や腰元姿の地元高校生を駒に見立てプロ棋士が対局する「人間将棋」が2年ぶりに行われた。初日は上田初美女王と鈴木環那女流初段が対局。横16.6m、縦13.8mの将棋盤は昨年3月にコンクリートから御影石に新調。しかし東日本大震災でイベントが中止され、今年が初のお披露目になった。対局は147手に及ぶ熱戦の末、鈴木女流初段が勝利した。

平成24年4月22日発行 2925号

フジサンケイグループ広告大賞 最高賞は東芝

 

フジサンケイグループ広告大賞 最高賞は東芝 第41回フジサンケイグループ広告大賞(産経新聞など主催)の贈賞式が10日、東京港区のホテルで行われた。昨年1年間にフジサンケイグループの各メディアで掲載、放送された広告を対象に33賞が決まり、最高賞のメディアミックス部門グランプリは、東芝が獲得した。写真はプレゼンターの剛力彩芽さんからトロフィーを受ける東芝の佐々木則夫社長。

ゴールドシップ快勝 競馬・皐月賞

 

第72回皐月賞(15日、中山11R2000メートル芝18頭、GⅠ)は、4番人気のゴールドシップ(内田博幸騎乗)=写真右=が2分1秒3で勝ち、1着賞金9700万円を獲得した。内田騎手はこのレースで初優勝で日本ダービー、菊花賞と合わせてクラシック3冠全制覇を果たした。須貝尚介調教師はGⅠ初勝利。2番人気のワールドエースが2着。1番人気のグランデッツァは5着に終わった。

レンジャーズ・ダルビッシュ、苦い初勝利 米大リーグ

 

米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手(25)は9日(日本時間10日)、本拠地テキサス州アーリントンでのマリナーズ戦に初先発し、6回途中まで8安打5失点、5四死球と不本意な内容だったが、レンジャーズが11-5で勝ち白星デビューを飾った。写真は1回、安打を許し、イチロー(写真右)に生還されるダルビッシュ。

鳥取砂丘に世界初の「砂の美術館」オープン

 

砂のオブジェ「砂像」を世界で初めて常設展示する「砂の美術館」が14日、鳥取市の鳥取砂丘にオープンした。市などが運営し、今夏に開催されるロンドン五輪にちなみ「砂で世界旅行・イギリス」がテーマ。ウィンザー城やエリザベス1世の砂像など16点を展示。きめ細やかな仕上がりに来場者からは驚きの声が上がった。

平成24年4月15日発行 2924号

北朝鮮のミサイルに備え、PAC3 石垣島に配備

 

北朝鮮の「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイルに発射に備え、迎撃用の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が5日、石垣島(沖縄県石垣市)に到着し、埋め立て地に設置(写真)され、飛行ルートに近い沖縄方面への主要部隊の展開が完了した。7日には、軌道がそれた場合の首都機能防衛のため、市ヶ谷基地(東京)など首都圏の3基地にもPAC3が配備された。

待ちに待った 春本番 東京などで桜満開

 

気象庁によると、東京都心と名古屋市、山口県下関市で6日、桜が満開となった。東京と名古屋は平年より3日、下関市は1日遅い。この日、桜の見頃を迎えた東京都台東区の隅田公園は来月22日に開業予定の東京スカイツリーが間近に望めることから、多くの花見客でにぎわった。

大阪桐蔭、初V咲いた 選抜高校野球

 

第84回選抜高校野球大会は4日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝を行い、大阪桐蔭が7-3で光星学院(青森)を破り、初優勝を飾った。大阪桐蔭は夏を含めると3度目の甲子園制覇。光星学院は東日本大震災の被災地・八戸市からの出場。東北勢としては春夏合わせて9度目の決勝進出で甲子園初優勝を目指したが、東北勢の悲願達成は夏以降に持ち越しとなった。

北島 2種目で切符、4大会連続五輪代表

 

競泳のロンドン五輪代表選考会を兼ねた日本選手権は3日、東京辰巳国際水泳場で男子100メートル平泳ぎの決勝を行い、北島康介(29)が58秒90の日本新記録で優勝(写真)し、日本の競泳選手では初の4大会連続五輪代表を決めた。北島は6日に行われた男子200メートル平泳ぎでも2分8秒00で100メートルに続いて優勝し、五輪で3大会連続平泳ぎ2冠という偉業を目指す。

平成24年4月8日発行 2923号

ミス・ユニバースに仙台美人 原綾子さん

 

ミス・ユニバース日本代表を決める「2012ミス・ユニバース・ジャパン」の最終選考会が1日、大阪国際会議場で行われ、23人のファイナリストから仙台市出身のモデル、原綾子さん(24)=写真中央=が選ばれた。原さんは1メートル70の長身で、目鼻立ちがクッキリした東北美人。「昨年は大震災もありました。地元、東北を復興させるために世界中に支援を呼びかけたい」とコメントした。12月に開催予定の世界大会に出場する。

川埋める こいのぼり6340匹 群馬県館林市

 

群馬県館林市の「こいのぼりの里まつり」が始まり、市内を流れる鶴生田川で色とりどりのこいのぼりが春の風に泳いでいる。鶴生田川の浄化啓発をきっかけに始まったまつりは11回目を迎え、今年は5月に開業する東京スカイツリーの高さ634メートルにちなみ、市内5会場で計6340匹が掲揚されている。掲揚は5月11日まで。

「第9回日台交流 青少年スカラシップ」表彰式 17人が受賞

 

日本と台湾の文化交流促進を目指す「第9回日台交流 青少年スカラシップ」(主催・産経新聞社ほか、共催・台湾行政院新聞局、台北駐日経済文化代表処)の表彰式が3月26日、東京港区の台北駐日経済文化代表処で行われ、作文で大賞に輝いた栃木県大田原市野崎中学校3年沼野井万希子さんら受賞者17人に同代表処の陳調和副代表から賞状が手渡された(写真左)。受賞者はこのあと、5泊6日の台湾研修旅行に出発し、現地で蕭万長副総統を表敬訪問(同右上)するなど交流を行った。

大関・鶴竜が誕生 お客様のために「精進、努力します」

 

日本相撲協会は3月28日、大阪府立体育会館で夏場所(5月6日初日、両国国技館)の番付編成会議と理事会を開き、関脇鶴竜(26)=本名=マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=の大関昇進が正式に決まり、史上初となる6大関時代が到来した。大阪市内で伝達式に臨んだ鶴竜は「これからも稽古に精進し、お客様に喜んでもらえるような相撲がとれるよう努力します」と口上を述べた。

平成24年4月1日発行 2922号

東北3県中学生「感謝」の始球式 選抜高校野球

 

第84回選抜高校野球大会第3日の3月24日、東日本大震災で被災した福島、宮城、岩手県の中学生が始球式に登場。それぞれの思いを込めた投球にスタンドからは、大きな拍手が送られた。第1試合では、震災後、一度も自宅に戻っていない福島県いわき市立平第1中の相沢健生君(13)=写真=が投げ、「全国の皆さんに感謝の気持ちを伝えたかった」と話した。

サザエさん一家の銅像が登場 東京・桜新町

 

「サザエさん」の原作者、長谷川町子さんが住んだ東京都世田谷区の桜新町に3月25日、サザエさん一家の銅像がお目見えした。連載開始から65周年の昨年、「商店街がさらに活気づくように」との声が地元で高まり制作された。東急田園都市線桜新町駅西口で行われた除幕式でサザエさんら磯野家とフグ田家の7人の銅像が披露されると拍手が湧いた。

復活の願い筆に込め 書道パフォーマンス

 

映画「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」のモデルになった愛媛県立三島高校書道部が、国内のすずりの9割を生産する宮城県石巻市雄勝地区で3月25日、被災者らを励まそうと書道パフォーマンスを披露した。縦4m、横6mの2枚の紙に部員で考えた被災地への思い「とどけ未来の光」などを音楽にあわせて6人が書き上げると大きな拍手に包まれた。

あっちゃん「AKB48卒業します」

 

人気アイドルグループ「AKB48」の前田敦子さん(20)=写真右が3月25日、さいたま市での3夜連続公演最終日のステージで、AKB48を卒業すると発表した。アンコールで「20歳の夢に向かって歩き出さなきゃいけないと思いました」と泣きながら報告。卒業時期など詳細は決まっておらず、高橋みなみ(20)=同左=以外はメンバーも知らなかったという。

平成24年3月25日発行 2921号

日本2発 五輪切符 サッカー五輪アジア最終予選

 

U-23(23歳以下)代表によるサッカー男子のロンドン五輪アジア最終予選は14日、各地で最終戦を行い、日本は東京・国立競技場でバーレーンに2-0で快勝し、勝ち点15のC組首位で5大会連続9度目の五輪出場を決めた。日本は後半10分、扇原(C大阪)が先制ゴール。4分後には清武(C大阪)が2点目を決めた。写真は五輪出場が決まり歓喜の日本イレブン。

探査ロボット 月面デビューへ特訓

 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月面探査ロボットの地上実験用試作機を製作し13日、静岡県浜松市の中田島砂丘で走行実験を行った。JAXAは月面探査の可能性を探っており、月面での複雑な地形を想定して、急な斜面を上ったり、石の段差を乗り越えるなどのほか、効率よく土嚢を作る実験なども行われた。

サントリー2冠 ラグビー日本選手権

 

ラグビー日本選手権は18日、東京・国立競技場で決勝を行い、サントリーがパナソニックを21-9で下し、2年連続5度目の優勝を決めた。トップリーグ(TL)との2冠は東芝以来で5シーズンぶり。サントリーは前半を14-3で折り返した。後半は差を詰められたが、29分にCTB平がトライを挙げて振り切った。写真は突破をはかるサントリーの平浩二。

54年ぶり「舟渡御」 隅田川に神霊

 

江戸三大祭りの一つとされる東京・浅草の三社祭が700年を迎えるのを記念し、みこしを舟に乗せ隅田川を進む「舟渡御(ふなとぎょ)」が18日、54年ぶりに行われた。浅草神社の神霊を乗せたみこし3基が出発すると、両岸や橋の上の観客から拍手が湧き起こった。浅草神社によると、舟渡御は1312年春に始まり、三社祭の起源とされる。

平成24年3月18日発行 2920号

東日本大震災一周年追悼式に1200人出席

 

政府主催の東日本大震災追悼式が11日、東京都千代田区の国立劇場で開かれた。天皇、皇后両陛下、野田佳彦首相ら三権の長、岩手、宮城、福島3県の遺族ら約1200人が出席、犠牲者に鎮魂の祈りをささげた。地震が発生した午後2時46分に出席者全員が1分間黙とうを捧げた。写真は東日本大震災一周年追悼式でお言葉を述べられる天皇陛下。

大リーグオープン戦 ダルビッシュ156キロ衝撃デビュー

 

米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手(25)=前日本ハム=が7日(日本時間8日)、アリゾナ州ピオリアで 行われたパドレス戦でオープン戦初登板。2回2安打無失点、3奪三振と上々のデビューを飾った。MAX97マイル(約156キロ)を計測したストレートをはじめ7種の球種を投げ分け、全米にスーパールーキーの存在を大アピールした。

東日本大震災一年 各地で追悼行事

 

死者、行方不明者合わせて1万9千人という未曽有の被害を出した東日本大震災は11日、発生から1年を迎え、各地でさまざまな追悼行事が催され、鎮魂の祈りがささげられた。福島県いわき市の久之浜地区では「久之浜追悼の祈りと復興 花供養」が開催され、参列者が追悼の意を込めて花を海に投げ入れた。

尾崎好美快走 日本人トップで五輪決定

 

ナゴヤウィメンズマラソン(ナゴヤドーム発着)が11日、ロンドン五輪女子マラソンの最終選考会を兼ねて行われ、2009年世界選手権銀メダルの尾崎好美(30)=第一生命=が2時間24分14秒で日本人トップの2位に入り、代表入りを決めた。アテネ五輪金メダルの野口みずきは6位に終わった。写真は山下佐知子監督と肩を抱き合い写真撮影に臨む尾崎(右)。

産経子どもニュース 育て!子どもたち
産経子どもニュース 育て!子どもたち
サイトマップ
Copyright(c) 2012 SANKEI Advertising Inc. All Rights Reserved.