平成24年10月28日発行 2949号

釜石 大漁旗戻った 「曳き船まつり」漁船パレード

 

東日本大震災で被災した岩手県釜石市の釜石港で20日、地元、尾崎神社の神事「曳き船まつり」が開催され、大漁旗をなびかせた漁船が湾内をパレードした。昨年はわずか3隻の参加だったが、今年は13隻と震災以前の規模に回復。船上では伝統芸能の舞いが披露され、神社本宮からご神体が船で岸壁に到着すると、訪れた人たちから歓声が上がった。

1万4000人快走 ちばアクアラインマラソン

 

千葉県木更津市と川崎市を結ぶ高速道路「東京湾アクアライン」(15.1キロ)の橋梁部を使用した「ちばアクアラインマラソン」(千葉県など主催)が21日開かれ、約1万4000人が海を見晴らす橋上を駆け抜けた。アクアラインでのフルマラソンの開催は初めて。1位は“走る公務員”として知られる埼玉県職員の川内優輝さん(25)。タレント、猫ひろしさん(35)が7位に入った。

東京国際映画祭が開幕 中国「出品を中止」

 

アジア最大級の第25回東京国際映画祭が20日、東京・六本木ヒルズを主会場に開幕した。役所広司さんら国内外の俳優や監督など400人を超す映画人が「グリーンカーペット」を歩き、沿道の歓声を浴びたが、悪化する日中関係の影響から複数の中国メディアが、中国勢として唯一選ばれていた「風水」の出品が取りやめになったと報じた。写真はグリーンカーペットを歩く女優の石原さとみ。右後方は阿部寛。

富山県立山町・剱岳 秘境に潜む日本初の氷河

 

北アルプス・剱岳(富山県立山町、標高2999メートル)の山域で今月3日、今年4月に日本初の「氷河」と認定された雪渓の調査が行われた。今回、三ノ窓雪渓や小窓雪渓の標高2300メートル付近を調べた結果、削りだした氷の密度から昨年末から今春までに降った雪が、1年もたたずに氷になっていることが新たに分かった。写真は三ノ窓雪渓に調査に入る立山カルデラ砂防博物館の学芸員ら。

平成24年10月21日発行 2948号

両陛下、除染ご視察 福島県川内村

 

天皇、皇后両陛下は13日、福島第1原発に近い福島県川内村を訪問し、除染作業の様子を視察された。川内村は、両陛下は、以前から除染作業に深い関心を寄せ、視察を望まれていたという。陛下は作業員に「どうもご苦労さま」と声を掛けられた。両陛下は、村民約100人が暮らす下川内応急仮設住宅もご訪問。故郷の復興に励む村民たちに、両陛下は温かい声を掛けて回られた。

20歳・成田美寿々、逆転初V 富士通レディース

 

富士通レディース最終日(14日、千葉市東急セブンハンドレッドC=6635ヤード、パー72)首位に5打差の8位から出た日体大に在学(休学中)するツアー参戦1年目の成田美寿々(20)=フリー=がボギーなしの5アンダー、67と猛チャージをみせて通算9アンダー。地元・千葉で大逆転のツアー初優勝を飾った。初日から首位を守ってきた穴井詩(らら、24)=雄山=は終盤に崩れ、通算7アンダーの2位に終わった。

日本、フランスに初勝利 サッカー国際親善試合

 

欧州遠征中のサッカー日本代表は12日、パリ近郊のサンドニでフランスと国際親善試合を行い、後半43分にMF香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)が決勝点を挙げ、1-0で勝利した。フランスに日本が勝つのは6度目の挑戦で初めて。1998年W杯王者を敵地で撃破した。対戦成績は1勝1分け(PK負け)4敗となった。写真はフランスに勝利し、喜ぶ香川(中央)ら日本代表。

山形県山辺町 大蕨の棚田 消えゆく原風景「稲杭」

 

山形県山辺町にある大蕨の棚田では、規則正しく並んだ稲杭が、深まる秋を感じさせる。稲杭は刈り取った稲を杭にかけて2~3週間、天日干しする手法。コンバインで一気に刈り取り乾燥機にかけるのと違って、風情があふれている。しかし、こんな日本の原風景も風前のともしびだ。農家の高齢化に歯止めがかからず、後継ぎも確保できないのが現実。稲杭は最近10年で3分の1に減った。

平成24年10月14日発行 2947号

山中・京大教授にノーベル賞 医学・生理学

 

スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル医学・生理学賞を、あらゆる細胞に分化する能力があるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した京都大の山中伸弥教授(50)ら2氏に授与すると発表した。患者自身の細胞を移植して病気やけがを治療する再生医療への道を開いた功績が評価された。 日本人のノーベル賞受賞は19人目。医学・生理学賞は25年ぶり2人目の快挙。

水鏡、染める紅 立山連峰の仙人峠

 

立山連峰の仙人峠(富山県立山町)は紅葉の見頃を迎えた。峠に近い標高2080メートルの仙人池は、赤や黄色に染まったナナカマドやミネカエデと岩と氷の名峰・剣岳(標高2999メートル)を水面に映し出している。山道を9時間以上かけて到着したアマチュアカメラマンらがその雄大な風景を写真に収めていた。

錦織 日本男子初のツアー2勝目、男子テニス

 

楽天ジャパン・オープン最終日(7日、東京有明コロシアム)単決勝で世界ランキング17位の錦織圭(22)=日清食品=が、同15位のミロシュ・ラオニッチ(21)=カナダ=を7-6、3-6、6-0で破り、2度目のツアー優勝を母国で成し遂げた。日本男子のツアー通算2勝は初。錦織は8日付で発表された男子テニスの世界ランキングで、前週から順位を2つ上げて自己最高の15位に浮上した。

F1日本GP 可夢偉3位、日本人3人目の快挙

 

F1シリーズ第15戦日本グランプリ決勝(7日、鈴鹿サーキット=5807キロ×53周)3番手からスタートした小林可夢偉(26)=ザウバー=が3位を死守し、F1参戦55戦目で自身初の表彰台に立った。日本人が表彰台に立つのは1990年日本GPの鈴木亜久里、2004年米国GPの佐藤琢磨(ともに3位)に次いで3人目。写真は優勝したセバスチャン・フェテル(左)から祝福を受ける可夢偉。

平成24年10月7日発行 2946号

オスプレイ普天間配備 地元住民ら反発

 

米軍岩国基地(山口県岩国市)に一時駐機していた新型輸送機MV22オスプレイ6機が1日午前、岩国基地を離陸し、配備先の普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に着陸した。米軍は10月中に本格運用を始める方針だが、沖縄では地元自治体や住民らが反対しており配備強行でさらに反発を強めるのは必至だ。宜野湾市の佐喜真淳市長は「怒り心頭だ」と記者団に語った。

台風17号で初の無観客 男子ゴルフ

 

9月30日に愛知県みよし市の三好カントリー倶楽部で行われた男子ゴルフのコカ・コーラ東海クラシック最終日は、台風17号の接近に伴い、安全確保のため観客の入場を不可とする異例の開催となった。日本ゴルフツアー機構によると、無観客は同機構発足の平成11年以降では初めて。写真上は、無人となったスタンド前を通る6位タイでホールアウトした石川遼。

横綱・日馬富士お披露目 不知火型土俵入り

 

大相撲の第70代横綱日馬富士(28)=モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=横綱推挙式と奉納土俵入りが9月28日、東京・明治神宮で行われた。日馬富士(写真中央)は太刀持ちに安美錦(同左)、露払いに宝富士(同右)と同部屋の2人を従え不知火型の土俵入りを披露し、集まった約3千人から喝采を浴びた。同じ不知火型だった師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)も「90点」と合格点を与える出来栄えだった。

秋の色、鮮やか 御嶽山で「赤ソバ」の花が見ごろ

 

長野、岐阜県境の御嶽山(3067メートル)の標高1570メートルにある御岳ロープウェイ鹿ノ瀬駅(長野県木曽町)周辺で、ヒマラヤ原産の赤ソバ「高嶺ルビー」の花が見ごろを迎え、斜面に濃いピンク色のじゅうたんが広がっている。1ヘクタールの花畑は、コスモスやコキアも見ごろとなり、訪れたハイキング客らは、花の競演に目を奪われていた。

平成24年9月30日発行 2945号

巨人セ制覇 3年ぶり34度目

 

プロ野球セ・リーグは21日、首位を快走した巨人が東京ドームでのヤクルト21回戦に6-4で勝ち、3年ぶり34度目のリーグ優勝を決めた。巨人は日本シリーズ進出をかけ、10月17日からのファイナルステージでファーストステージの勝者と対戦する。写真は自身5度目のリーグ制覇を成し遂げ胴上げされる巨人・原辰徳監督。

第3回AKBじゃんけん大会 新女王に島崎遥香

 

国民的アイドル集団、AKB48が18日、東京・日本武道館で29枚目のシングル(12月発売)の選抜メンバー16人を決める「第3回じゃんけん大会」を行い、若手の注目株、島崎遥香(18)が優勝した。愛称の“ぽんこつアイドル”を返上する勝負強さで、過去最多85人の頂点に立った島崎は「今までで一番楽しいじゃんけん勝負でした」と笑顔。新世代のエース候補が、一足先に運で初センターをゲットした。

「離島奪還」へ日米結束 米領グアムで共同訓練

 

陸上自衛隊と米海兵隊は22日、米領グアムで行っている離島防衛のための共同訓練で、上陸する場面を報道関係者に公開した。敵に奪われた離島を奪還するとのシナリオ。陸自は「特定の国や島を想定していない」としているが、尖閣諸島をめぐる日中の緊張が高まる中での訓練となった。陸自と海兵隊の隊員が同じゴムボートに乗って上陸。陸自隊員は付近を制圧する想定で小銃を構えて移動した。

日馬富士2場所連続全勝V、綱決めた

 

大相撲の東大関日馬富士(28)=本名・ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が東京・両国国技館で行われた秋場所千秋楽の23日、横綱白鵬を破って2場所連続全勝優勝。優勝は通算4度目。第70代横綱昇進を確実にした。2場所連続全勝優勝で昇進するのは双葉山、貴乃花に続いて3人目。新横綱の誕生は、平成19年名古屋場所で昇進した同じモンゴル出身の白鵬以来5年ぶり。

平成24年9月23日発行 2944号

藤田、今季3勝目でランキングトップ

 

ANAオープン(北海道札幌GC輪厚=7063ヤード、パー72)最終日は16日、2位から出た藤田寛之が6バーディー、2ボギーの68で回って通算16アンダーとし、首位発進の金亨成(32)=韓国=を逆転。自身初の年間3勝となるツアー通算14勝目をあげた。今季獲得賞金も約9362万円で首位に浮上。初の賞金王へ前進した。同15アンダーの池田勇太(26)は3週連続の2位に終わった。

香里奈が一日署長、本物の制服に「新鮮です」

 

モデルで女優の香里奈(28)が15日、警視庁渋谷警察署の一日署長を務め、東京・渋谷区役所前で行われた「秋の全国交通安全運動」のイベントに人気子役、小林星蘭(7)と共に登場した。ドラマ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」で、ピンクの制服が鮮やかな女性警察官を演じたが、初の一日署長でついに本物の制服を着用。「身が引き締まる思いで、新鮮です」と感激の笑顔をみせた。

赤れんが駅舎 ライトアップ、東京駅

 

開業当時の大正時代の外観に復元された東京駅丸の内側の赤れんが駅舎で、JR東日本は15日、10月1日のグランドオープンを前に、ライトアップの試験点灯を行った。午後6時半すぎ、オレンジ色の明かりが駅舎を照らし、ビル街の夜空に赤れんがが浮かび上がった。ライトアップは「和やかな景色」をコンセプトに約1200個の発光ダイオードの照明器具を使用している。

地上100メートルのブドウ園 赤坂溜池タワー

 

屋上緑化に取り組む森ビルが管理する「赤坂溜池タワー」(東京都港区)で13日、ブドウの収穫が始まった。ビルは25階建てで、屋上庭園はビル街を見下ろす高さ約100メートル。ブドウ棚には巨峰やマスカットなどがたわわに実っていた。森ビルによると、今年の夏は雨が少なく気温が高い日が続いたため、甘みが強いおいしいブドウになったという。

平成24年9月16日発行 2943号

ヤングなでしこ U-20女子W杯で初メダル

 

サッカーのU-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)最終日は8日、東京・国立競技場で行われ、日本は3位決定戦で前回準優勝のナイジェリアに2-1で勝った。過去5大会で2度のベスト8が最高の日本は初のメダルを獲得した。写真は表彰式で3位に輝き、「どやっ」ポーズを決める先制弾を決めたMF田中陽子(前列中央)=INAC神戸=らヤングなでしこ。

「踊る」公開!日比谷“封鎖”初レッドカーペット

 

俳優、織田裕二(44)が主演する大人気シリーズの完結編映画「踊る大捜査線 THE FINAL」(本広克行監督)が7日、全国で封切られた。舞台あいさつが行われた東京・日比谷のTOHOシネマズスカラ座前では、警視庁丸の内署の全面協力のもと、前後100メートルの道路を“封鎖”してレッドカーペットイベントを敢行。織田は2000人のファンを前に「15年間、本当にありがとうございました」と感謝した。

有村智恵、国内メジャー初V!夢の米挑戦へ

 

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日は9日、滋賀県タラオCC(6670ヤード、パー72)で単独首位で出た有村智恵が2バーディー、2ボギーの72にまとめ、通算13アンダーで国内メジャー初制覇を果たすとともに、来季から3年間のシード権を得た。10月には来季の米ツアー出場権を懸けたQスクール2次予選に出場。夢を現実に変えていくプロ7年目の挑戦は、これからが本番を迎える。

味覚の秋、ベニズワイガニ初競り 兵庫県香住漁港

 

近畿地方で唯一、ベニズワイガニが水揚げされる兵庫県香美町の香住漁港で5日朝、初競りが行われ、競り人の威勢のいい声で活気づいた。但馬漁協所属の9隻が昨年よりやや少ない計43.5トンを水揚げ。30キロ入りコンテナが3千~4万円で競り落とされ、1匹の最高値は5500円だった。「県べにずわいかにかご漁業協会」では、「まずまずの滑り出し」と話していた。

平成24年9月9日発行 2942号

「防災の日」 列島約39万人が訓練参加

 

死者最大約32万3千人の被害想定が新たに出された南海トラフの巨大地震や首都直下地震へ備えるため、「防災の日」の1日、政府が首都直下地震を想定した総合防災訓練を実施するなど、各地で訓練が行われた。東日本大震災から間もなく1年半。参加者は40都道府県の計約39万人に上り、各会場では本番さながらの緊迫した表情が見られた。写真は政府が行った閣僚らを乗せたヘリの離発着訓練。

尖閣調査 東京都「購入活用のステップ」

 

尖閣諸島(沖縄県石垣市)の購入に向けた現地調査のため、石垣港から出発した東京都の調査団が2日、周辺海域に到着し、約9時間半にわたって現地調査を実施した。政府が上陸を許可しなかったため、洋上からの調査に限られたが、島の周りを航行し、不動産鑑定や取得後の活用策の検討に欠かせない基礎的なデータを収集、同日午後3時45分ごろ調査を終え、帰港した。

雲に霞む天空の社 愛媛県西条市・石鎚神社頂上社

 

愛媛県西条市、西日本最高峰を誇る石鎚山。その山頂に建つのが石鎚神社の頂上社だ。まさに〝崖の上の社、雲の上の社〟だ。標高1982メートル。日本七霊山にも数えられ、空海も修行した霊峰として知られる。開山は約1300年前。山自体が神体となっている。今も鉄の鎖にしがみつき命がけで頂を目指す修験者は絶えない。一般的な登山道も整備されており、登山者は鎖や崖を避けて登ることもできる。

湖面のカンバス 茨城県の霞ケ浦に帆引き船

 

茨城県の霞ケ浦に1日、パステルカラーの帆を張った帆引き船7隻が登場。白、緑、青、橙、紫、桃、赤の帆を張ると、風を受けて帆が膨らみ、湖面を鮮やかに彩った。カメラを手にした埼玉県ふじみ野市の無職、吉開敏弘さん(58)は「カラフルで素晴らしい風景だった。いい写真が撮れた」と笑顔をみせた。湖畔の行方市が合併による市制施行7周年を記念して実施した。

平成24年9月2日発行 2941号

大阪桐蔭が春夏連覇!春に続き光星学院を破る

 

史上初の春夏同一カードとなった第94回全国高校野球選手権決勝が、9月23日、甲子園球場で行われ、大阪桐蔭が3-0で光星学院(青森)を破り、4年ぶり3度目の日本一に輝いた。今春の選抜大会に続く優勝で史上7校目の春夏連覇を達成。大阪勢の選手権大会制覇は11度目、春夏通算では20度目となった。光星学院は3大会連続の準優勝、東北勢初の甲子園大会制覇はならなかった。

「全日本国民的美少女コンテスト」10年ぶり、2人が頂点

 

米倉涼子(37)や上戸彩(26)ら多くの人気女優、モデルを輩出した「第13回全日本国民的美少女コンテスト」の本選が8月21日、都内で行われ、グランプリに吉本実憂(みゆ)さん(15)=写真右=と小澤奈々花さん(13)=同左=が選ばれた。2人同時受賞は2002年開催の第8回以来10年ぶり。応募総数10万2564人から選ばれた2人のヒロインは、名前を呼ばれると感激の涙を流した。

富士総合火力演習 島嶼防衛 初めて想定

 

陸上自衛隊による国内最大規模の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」が8月26日、東富士演習場(静岡県御殿場市など)で一般公開された。敵部隊の島嶼部侵攻に対し、陸海空の3自衛隊が敵戦力を制圧し、奪還することを想定して訓練を実施。香港の活動家らによる沖縄県・尖閣諸島への上陸事件が起きるなか、島嶼防衛の必要性を強く反映する内容となった。

浅草で夏の風物詩 サンバカーニバル

 

台東区の浅草寺周辺で8月25日、恒例の浅草サンバカーニバルが開催され、炎天下のなか、陽気なリズムに乗って熱い踊りが繰り広げられた。第31回を数える真夏の名物イベントだが、昨年は東日本大震災の影響で中止となり2年ぶり。今年は26団体、約4400人が参加。カラフルな衣装を身にまとった踊り子たちが力強いダンスを披露すると、沿道に詰めかけた観光客らから声援が上がった。

平成24年8月26日発行 2940号

尖閣に日本人10人上陸 慰霊祭参加の都議ら

 

沖縄県・尖閣諸島周辺を訪問していた日本人一行のうち東京都議ら地方議員5人を含む10人が19日、同諸島の魚釣島に上陸した。10人は約2時間、島にとどまり、灯台に日の丸を掲げるなどした。魚釣島では、不法上陸した香港の活動家ら14人が逮捕、強制送還されたばかり。10人は超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」などとともに、戦時中に同海域で起きた疎開船遭難事件の洋上慰霊祭に参加していた。

銀座熱狂! 五輪メダリストが祝勝パレード

 

ロンドン五輪で史上最多となる38個のメダルを獲得した日本選手団のパレードが20日、東京・銀座で行われた。選手たちは、銀座通り口交差点から銀座八丁目交差点まで、中央通りの約1キロをオープンカー2台、オープンバス5台に分乗してパレード。五輪メダリストたちが、東京都心でパレードを行うのは初めてで、沿道には幾重もの人垣ができた。

ヤングなでしこ メキシコ撃破、Uー20女子W杯

 

女子では日本で初めて開催される国際サッカー連盟(FIFA)主催のUー20女子W杯(20歳以下)が19日に開幕し、初優勝を狙う1次リーグA組の日本代表「ヤングなでしこ」は宮城スタジアムで、メキシコと対戦。MF猶本(浦和)のゴールなどにより、4ー1の大勝で白星発進した。写真は後半、チーム2点目のゴールを決め、笑顔で田中美に抱きついて喜ぶ猶本。

夏のアルバム「ひまわりまつり」、神奈川県座間市

 

神奈川県座間市の相模川沿いのヒマワリ畑では、「夢と希望、いやしのひととき」をテーマに「ひまわりまつり」が行われ、多くの人が訪れた。全体で約5.5ヘクタールの会場には55万本のヒマワリが咲いている。座間のヒマワリは、18年前から遊休農地の荒廃化対策として市の花「ひまわり」の植栽が地域の農家によって行われてきた。座間市観光協会によると、8月いっぱい楽しめるという。

産経子どもニュース 育て!子どもたち
産経子どもニュース 育て!子どもたち
サイトマップ
Copyright(c) 2012 SANKEI Advertising Inc. All Rights Reserved.