平成24年12月16日発行 2956号

心照らす光 今年も 神戸ルミナリエ開幕

 

阪神大震災の犠牲者の鎮魂と復興への願いを込めた光の祭典「神戸ルミナリエ」が6日、神戸市中央区の東遊園地や旧外国人居留地で開幕した。震災のあった平成7年に始まり、18回目。午後5時46分に黙祷がささげられ、「光の回廊」が点灯されると、人々から大きな歓声が上がった。17日まで約20万個の電球による“光の彫刻”が神戸の夜空を鮮やかに彩る。

大谷、やっと笑顔の日本ハム入り表明

 

日本ハムからドラフト1位指名された岩手・花巻東高の大谷翔平投手(18)が9日、奥州市内のホテルで記者会見を行い、入団を表明した。ドラフト会議前に米大リーグ挑戦を断言した160㌔右腕は、46日間悩み抜いた末に将来のメジャー挑戦の夢を実現するために日本でプレーすることを選んだ。写真は記者会見で握手する大谷(右)と日本ハム栗山監督。

アベックV フィギュアスケートGPファイナル

 

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの男女フリーが8日、ロシアのソチで行われ、男女とも日本選手が頂点に立った。 女子は浅田真央(22)が今季世界最高得点の196・80点をマークし、4年ぶり3度目の優勝。男子は高橋大輔(26)が、269・40点の今季世界最高で優勝を飾った。この大会で日本男子が優勝するのは史上初。

オスカー若手8人娘、晴れ着でパシャリ!

 

武井咲(18)、剛力彩芽(20)ら芸能事務所オスカープロモーションに所属する若手女優8人が4日、年末恒例の晴れ着撮影会を東京・元赤坂の明治記念館で行なった。写真は艶やかな着物競演で年末を彩った左から吉本実憂、小芝風花、忽那汐里、武井咲、剛力彩芽、宮崎香蓮、河北麻友子、小澤奈々花。

平成24年12月5日発行 2955号

藤田、大会初の3連覇 初の賞金王

 

日本シリーズJTカップ最終日は2日、東京よみうりCC(7023ヤード、パー70)で行われ、43歳の藤田寛之が67で回り、通算18アンダーの262で大会初の3連覇を達成、優勝賞金4000万円を加えて初の賞金王に輝いた。今季4勝目で通算15勝目。賞金総額は1億7515万9972円。 43歳で初めて賞金王になったのは、1973年のツアー制度施行後で最年長。

五輪の日本代表選手がパレード 仙台

 

ロンドン五輪とパラリンピックの日本代表選手約50人のパレードが2日、東日本大震災の被災地、仙台市で行われた。JR仙台駅近くの沿道には市民約4万8000人が詰めかけ、「おめでとう」「ありがとう」と大歓声を送った。…参加した選手は、女子レスリング金メダルの吉田沙保里選手や陸上男子ハンマー投げ銅メダルの室伏広治選手=写真=ら約50人。

ベストドレッサー きゃりー、ヒゲで傷隠し

 

おしゃれな著名人に贈られる第41回ベストドレッサー賞の授賞式が11月28日、東京都内で行われ、モデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(写真左から6人目)、女優の剛力彩芽(同3人目)、歌舞伎俳優の市川猿之助(同2人目)らが出席した。黒いドレスのきゃりーは、鼻の下に付けひげ姿で登場。イベントで転んで3針縫うけがをしたと打ち明け、「TPOに合わせておひげを付けました」とユーモラスに説明した。

動いたゼロ戦エンジン 所沢航空発祥記念館

 

戦時中に旧海軍の主力戦闘機として活躍した零式艦上戦闘機(ゼロ戦)を特別展示する埼玉県所沢市の所沢航空発祥記念館で11月27日、機体にエンジンを搭載し始動させる作業の見学会が開かれた。機体は昭和19年にサイパン島で米軍が押収後、米国の航空博物館で保存されていた52型で、製造当初のエンジンを搭載。世界で飛行可能なゼロ戦はこの1機だけといい、12月1日から来年3月末まで公開される。

平成24年12月2日発行 2954号

広島、初の年間優勝 J1リーグ

 

J1第33節は11月24日、9試合が行われ、広島が佐藤の今季22点目のゴールなどでC大阪に4-1で快勝して勝ち点61とし、初の年間優勝を決めた。2位仙台が新潟に0-1で敗れて同57で足踏みし、最終節を残して逆転の可能性がなくなった。20年目のJリーグで広島の森保監督は日本人の元Jリーガーとして初めてJ1を制した。写真は、表彰式でシャーレを掲げて喜ぶ広島イレブン。

羽生初V 浅田2勝目 フィギュアGP NHK杯

 

東日本大震災の復興支援を掲げたフィギュアスケートのNHK杯は11月24日、宮城県利府町のセキスイハイムスーパーアリーナで男女のフリーなどを行い、男子で地元仙台市出身の羽生結弦(17)=宮城・東北高=が初優勝。女子は浅田真央(22)=中京大=が制した。 ともにシリーズの上位6選手で争う12月のGPファイナル(ロシア・ソチ)進出を決めた。

おいしい「年賀状」、「南部せんべい」にメッセージ

 

青森県南部地方の名産品「南部せんべい」に、新年を祝うメッセージを描く作業が最盛期を迎えている。八戸市の「味の海翁堂」では、昨年度は東日本大震災の影響で中止した年賀せんべいの販売を今年再開した。香ばしい白胡麻せんべいに来年のえとである巳のイラストとあいさつ文を可食インクでプリント。普通の年賀状代わりに、宅配便で送ることができるという。

群馬県中之条町「チャツボミゴケ公園」

 

名湯として知られる草津温泉に近い群馬県中之条町六合地区。山あいの一角に、酸性の条件下でしか生育できない珍しいチャツボミゴケの国内最大級の群生地がある。同町では、一帯をチャツボミゴケ公園として整備、新たな観光名所にと意気込んでいる。公園は、口コミで人気が広がり今年の来園者が2万人を超える勢いで、リピーターも多い。

平成24年11月25日発行 2953号

衆院解散 来月4日公示、16日投開票

 

衆院は16日午後の本会議で解散された。これを受け、政府は臨時閣議を開き、第46回衆院選を「12月4日公示、16日投開票」の日程で実施することを決定。衆院選は平成21年8月以来、約3年4カ月ぶり。消費税増税、原子力政策、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)などが争点。政権維持を目指す民主党と政権奪還を狙う自民、公明両党の攻防に、日本維新の会など「第三極」が絡む展開となる。

上戸彩、クリスマスイルミネーション点灯式

 

女優、上戸彩(27)が17日、東京・代官山アドレス・ディセでクリスマスイルミネーション点灯式を行った。「代官山は大人のイメージ。私も気付いたら27歳なので、年齢に合ってきたかな」とゴキゲン。この日は雨風が強く、天井付きの会場にも強風で雨が流れ込んだが、集まったカメラマンに「レンズ大丈夫ですか?」と話しかけるなど“大人”の気遣いを見せた。

関東大学ラグビー 帝京大が連覇

 

ラグビーの関東大学リーグは18日、東京・秩父宮ラグビー場などで対抗戦を行い、対抗戦Vを争う5戦全勝同士の決戦は、昨季の全国大学選手権で3連覇を果たした帝京大が明大を45-20で快勝。1試合を残して2年連続3度目の優勝を決め、早計明の伝統3校以外で初の対抗戦連覇を遂げた。

3148人一斉対局、ギネス認定 子供の将棋大会

 

将棋の大会では最大規模の「将棋日本シリーズ・テーブルマークこども大会」東京大会(日本将棋連盟主催)が18日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた。小学生以下の3148人が対局した1574局が一斉に指され、1カ所で同時に行われた対局数として同日、ギネス世界記録に初認定された2つのホールをぶち抜いた対局場は、東京ドームの3分の1ほどの広さ。ちびっ子棋士たちの盤上没我の世界が広がった。

平成24年11月18日発行 2952号

吉田選手「金」また一つ 国民栄誉賞を授与

 

野田佳彦首相は7日、レスリング女子世界選手権で10連覇し、五輪と合わせ13大会連続世界一を達成した吉田沙保里選手(30)に国民栄誉賞を官邸で授与した。栄誉賞は20例目。首相は「レスリング競技史上、前人未到の偉業を成し遂げ、国民に感動と希望、勇気を与えた」と表彰状を読み上げた。記念品は吉田選手の要望を受け、金色の真珠の付いたネックレスを贈った。13連覇にちなんで直径13ミリという。

石川遼2年ぶり涙の復活V!最年少10勝

 

三井住友VISA太平洋マスターズ最終日(11日、静岡・太平洋クラブ御殿場コース、7246ヤード、パー72)、首位で出た石川遼(21)=パナソニック=は7バーディー、3ボギーの68で回り、通算15アンダーで2010年のこの大会以来となる2年ぶりの優勝。ツアー史上最年少記録となる「21歳1カ月24日」で通算10勝目を達成した。石川はスランプ脱出となる優勝を涙を流して喜んだ。

「ガールズアワード2012」人気モデルがランウェイ

 

東京・代々木第一体育館で8日、日本最大級のファッション&音楽イベント「ガールズアワード2012」(主催・フジテレビジョンほか)が行われた。ランウェイには、真っ赤なドレスで3人の人気モデルが登場し会場を盛り上げた。写真左から道端ジェシカ(28)、冨永愛(30)、山田優(28)。

夕闇に浮かぶ舞台 京都・清水寺のライトアップ

 

京都市東山区の清水寺で9日、秋の夜間特別拝観が10日から始まるのを前に試験ライトアップがあり、国宝の本堂「清水の舞台」が幻想的な光に浮かんだ。日没とともに大小約500基の照明が点灯。色づき始めたモミジ約1000本が照らし出されたほか、観音菩薩の慈悲を表す青い一筋のサーチライトが西の夜空に放たれた。今年の紅葉の見ごろは11月中旬から下旬にかけて。特別拝観は12月2日まで開かれる。

平成24年11月11日発行 2951号

山中さんら6人が受章 皇居で文化勲章親授式

 

文化勲章の親授式が3日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。天皇陛下が、映画監督の山田洋次さん(81)、ノーベル医学・生理学賞に決まった幹細胞生物学の山中伸弥さん(50)ら今年度の受章者6人に勲章を授与された。その後の記者会見で山中さんは「日本国民の一人としてはきょうが一番光栄な瞬間」と話した。写真は受章者記念撮影に臨んだ高階秀爾、山田洋次、小田滋、松尾敏男、山田康之、山中伸弥の各氏(同左から)。

ヤマザキナビスコ杯 鹿島が史上3クラブ目の2連覇

 

Jリーグのヤマザキナビスコ杯は3日、東京・国立競技場で決勝を行い、鹿島が延長で清水を2-1で下し、史上3クラブ目の2連覇を達成。自ら持つ大会最多を更新する5度目の頂点に立った。優勝賞金は1億円。鹿島は国内主要タイトル獲得数でも最多の16個目。最優秀選手には2ゴールを挙げた20歳のMF柴崎が選ばれた。写真はカップを掲げて優勝を喜ぶジョルジーニョ監督と鹿島イレブン。

ミス・インターナショナル代表 高橋有紀子さんに決定

 

2013年のミス・インターナショナル代表日本代表を決める選出大会が4日、都内で開かれ、東京都出身のアパレル販売、高橋有紀子さん(24)=写真右=が選ばれた。発表直後、「感動の一言。幸せです」と感涙。今年の日本代表で、先月那覇市で開催された世界大会で優勝したモデル、吉松育美さん(25)=同左=とは同じ聖心女子大学文学部出身で1学年後輩にあたる。

巨人 3年ぶり日本一、阿部痛みこらえ決勝打

 

プロ野球のコナミ日本シリーズ2012は3日、東京ドームで第6戦を行い、巨人が日本ハムを4-3で下し、対戦成績を4勝2敗として3年ぶり22度目の日本一に輝いた。試合後、原辰徳監督は選手たちの手で胴上げされ、何度も宙に舞った。 試合は同点の7回、右ひざ裏の違和感で、第4、5戦を欠場した阿部慎之助捕手が中前適時打を放ち試合を決めた。写真は右手人さし指を突き上げ優勝を喜ぶ阿部ら巨人ナイン。

平成24年11月4日発行 2950号

秋の園遊会 両陛下、吉田選手らとご歓談

 

天皇、皇后両陛下が主催される秋の園遊会が10月25日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。ロンドン五輪レスリング女子の金メダリストで、五輪と世界選手権で13大会連続世界一を達成して、国民栄誉賞が決まった吉田沙保里選手ら約1800人が出席した。陛下は、吉田選手に「ずいぶん厳しい練習を重ねてこられたんでしょうね」と声を掛けられた。写真は吉田選手(前列右)と歓談される天皇、皇后両陛下。

世界文化賞・授賞式 森下洋子氏ら5人が受賞

 

優れた芸術の世界的な創造者たちを顕彰する「高松宮殿下記念世界文化賞」(主催・公益財団法人日本美術協会=総裁・常陸宮殿下)の第24回授賞式典が10月23日、常陸宮、同妃両殿下をお迎えして東京・元赤坂の明治記念館で行われた。今回の受賞者は、現代美術家で中国国籍では初めての蔡國強氏、バレエダンサーで日本人13人目の森下洋子氏ら5人。写真は常陸宮殿下から顕彰メダルを授与される森下氏。

石原都知事が辞職 新党結成、衆院選出馬へ

 

東京都の石原慎太郎知事(80)は10月25日、都庁で緊急の記者会見を開き、知事を辞職し、次期衆院選に向けて新党を結成することを表明した。新党代表に自ら就任し、衆院選にも立候補する。石原氏は会見後、たちあがれ日本の平沼赳夫代表らと会談。同党が合流した上で、11月上旬の新党発足を目指すことを確認した。大阪市の橋下徹市長が代表を務める「日本維新の会」とは「まず連携、連帯する」と述べた。

プロ野球ドラフト会議 巨人、菅野を指名

 

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が10月25日、東京都内のホテルで開かれた。昨年日本ハムへの入団を拒否して“浪人”した東海大・菅野智之投手(23)は、伯父である原辰徳監督が指揮する巨人から1位指名を受けた。写真は神奈川・平塚市の同大湘南キャンパスに指名挨拶に訪れた原監督とグータッチをする菅野(右)。

産経子どもニュース 育て!子どもたち
産経子どもニュース 育て!子どもたち
サイトマップ
Copyright(c) 2012 SANKEI Advertising Inc. All Rights Reserved.